EVENT INFO イベント情報

XR CHANNELを活用した最新イベントをご紹介いたします。

ABOUT XR CHANNELとは

リアルとデジタルを融合させた新たなユーザー体験

  • VPS(Visual Positioning System)を活用した国内初のスマホアプリ

  • 地理や建物の特徴に合わせたあっと驚く演出が可能

  • マーカー設置不要

  • ご予算に合わせた演出をご提案

XR CHANNEL紹介動画

「XR CHANNEL」は、SoVeCが開発した、VPS*技術を活⽤した国内初の3DマップARアプリです。
スマホのカメラ画像から位置情報を認識するVPS技術で、空間の奥行きを活かした臨場感のあるARコンテンツを表示します。

最大の特長は、今までにない圧倒的な高精度位置認識を使って表現される新しい拡張現実体験。
ソニーのVPS技術を活用することで、ARコンテンツが現実世界に融け込んだ、あっと驚くユーザー体験を提供することができます。

センチメートル単位での正確な位置認識により、バーチャルの世界と現実空間の融合を細部にまでつくり込むことが可能になり、まったく新しい体験へと昇華させることが出来ます。

イベントでの活用・施設集客・広告宣伝・IP活用・地域振興等に是非活用下さい。

※VPS:「Visual Positioning System」の略称。現実世界のデジタルコピーである3Dマップと、スマホ搭載のカメラを通して見た画像を照合し、向きや方位を含む高精度な位置情報を特定する技術。

XR CHANNEL
概要資料はこちら

WORKS 事例

XR CHANNELを活用した事例をご紹介します。

PICK UP

虎ノ門ヒルズ TOKYO NODE Explorer

虎ノ門の街を拡張させる新しいAR体験を提供するアプリ「TOKYO NODE Xplorer」にSoVeCの技術が採用

SoVeCはアプリケーション企画・開発を行うTOKYO NODE LAB(株式会社バスキュール・森ビル株式会社)と協力し、「TOKYO NODE Xplorer」における虎ノ門ヒルズのデジタルツイン化とARコンテンツ制作をサポートしています。

虎ノ門ヒルズ TOKYO NODE Explorer

虎ノ門の街を拡張させる新しいAR体験を提供するアプリ「TOKYO NODE Xplorer」にSoVeCの技術が採用

鉄道AR祭!

鉄道博物館のイベント「鉄道AR祭!」のAR体験を提供

HAND!in YAMANOTE LINE

「HAND!in YAMANOTE LINE -山手線でアートと音楽を楽しむ30日間-」にてARコンテンツを提供

GINZA MITSUKOSHI XR CHRISTMAS 2022

XRを活用した新たな広告事業「GINZA XR Media」をリリース!

新宿まちフェス2022 新宿ナゾトキウォーク&XR謎解き

「新宿ナゾトキウォーク&XR謎解き」でARを見て謎を解く新体験!

超駅博 上野

JR上野駅ホームにAR車両を出現させ正確で圧倒的なAR体験を実現!

ARTBAY TOKYO アートフェスティバル 2022~NEW SCALE~

臨海副都心の上空にポップにデザインされたARコンテンツが出現!

旅する北信濃~牛(スマホ)にひかれて善光寺御開帳~

JR東日本の観光型MaaSイベントと連携、圧倒的なAR表現で話題に!

鉄道AR祭!
鉄道博物館のイベント「鉄道AR祭!」のAR体験を提供

2023年11月2日から12月27日まで、鉄道博物館にて「鉄道AR祭!~鉄道博物館で「シンカリオンZ」と「むかしの車両」を体感しよう~」が開催されました。鉄道車両3Dモデリングやソニー株式会社のVPSの技術を活用することにより、博物館内での先端技術を活用した展示をサポートしました。

HAND!in YAMANOTE LINE -山手線でアートと音楽を楽しむ30日間-
「HAND!in YAMANOTE LINE -山手線でアートと音楽を楽しむ30日間-」にてARコンテンツを提供

昨年の10月に開催されたJR東日本の文化創造イベント『超駅博 上野』で話題となった高精細で大迫力のAR車両(115系電車・EF64形電気機関車)が、東京駅・新宿駅・上野駅の駅前広場に出現し、ARで現れる車両の迫力と新しい撮影体験を楽しむことができます。

新宿ナゾトキウォーク&XR謎解き
「新宿ナゾトキウォーク&XR謎解き」でARを見て謎を解く新体験!

新宿駅近くのスポットを巡りながら謎を解く、謎解きイベントと連携した「XR謎解き」では、ARで浮かび上がる内容を見ながらゲームキットの謎を解いていくといった新しい体験をお楽しみいただけます。

ARTBAY TOKYO アートフェスティバル 2022~NEW SCALE~
臨海副都心の上空にポップにデザインされたARコンテンツが出現!

2020年に東京駅で実施したARコンテンツを臨海副都心エリアにてリヴァイバル。夢の大橋の大空に、ポップにデザインされた赤べこや七夕飾りなどの東日本エリアの縁起物を出現させました。

する北信濃~牛(スマホ)にひかれて善光寺御開帳~
JR東日本の観光型MaaSイベントと連携、圧倒的なAR表現で話題に!

ソニーのVPS技術を使い圧倒的な精度と表現力で、最先端のMixed Realityを実現。長野駅善光寺口の駅前広場での「空駆ける牛」では、高度なXR技術と繊細かつ大胆な3DCG表現で、大迫力のコンテンツとなっています。

USE CASE 主な活用例

現実では想像がつかないことも、デジタルなら自由に創造可能!
ARで非日常体験をイベントに盛り込むことで、顧客体験価値を高められます。
また、スタンプラリーをARでデジタル化することにより便利で快適なコンテンツが実現できます。

  • イベント・フェア・ライブ

    • リアルイベントとコンテンツ連動したオリジナルAR
    • 場所や時間に囚われずいつでも手軽にARライブ体験
  • 店舗・施設

    • カップルやファミリー層に向けたAR企画で店舗・施設への集客
    • ARスタンプラリーで回遊率向上
  • 地域活性化・観光

    • AR体験で謎を解く謎解きラリーで地域回遊
    • 名所を彩るオリジナルのAR演出で地域案内や魅力を伝える
  • キャラクター・エンタメ

    • キャラクターIPの魅力を引き出すARコンテンツでファンエンゲージメント向上
    • 話題性のあるAR演出でSNS拡散・コンテンツ拡散を促進
  • 広告宣伝・デジタルPR

    • 商品やサービスの魅力を引き出すAR演出で認知度向上
    • ARを使用したPR活動で話題性向上
  • ブランディング・アート

    • 高品質なARコンテンツ訴求でブランドイメージ向上
    • アート作品のAR展示で表現力を拡張

OUR CLIENTS / EVENTS 導入企業・イベント

XR CHANNELは、様々な企業やイベントで導入いただいております。

XR CHANNEL
-3DマップAR-

アプリダウンロードはこちら

  • iPhone端末を
    ご利用の方
    Download on the App Store
  • Android端末を
    ご利用の方
    GET IT ON Google Play

推奨環境は「よくあるご質問 」よりご確認できます。
アプリダウンロードからARコンテンツの楽しみ方までは「アプリの使い方 」をご確認ください。

地理や建物の形を活かした街に
溶け込む
ロケーションベースARで
新たなユーザー体験を提供します

ご質問やご要望など、
お気軽にご相談ください

ISSUES 導入前の課題

これまで導入された企業様が、XR CHANNEL導入にいたった背景や理由をご紹介します。

  • 商業施設

    • 新体験で施設来場者の顧客満足度を高めたい。
    • 集客の目玉にしたい。
  • 自治体

    • 現地への集客につなげる特典をつくりたい。
    • 町おこしの新しい切り口を探している。
  • 広告会社

    • 既存クライアントに目新しい提案をしたい。
    • IPを面白く活用する方法を提案し、グロス金額を上げたい。
    • いつも似通ったデジタル施策だと飽きられる。
  • 商業施設 男性

    専用設備を用意することなく、お客様のスマホで手軽に実現できるため導入のハードルが低かったです。
    さらに高精度なVPSで、施設の個性を活かした一体感あるコンテンツを作ることができるので、他と差別化できるのが大きいです。

  • 自治体 女性

    既に地方で実績があることに加え、高いクオリティからマスメディアからの反響も狙えそうです。また複数の場所にARコンテンツを設置することで、特に訪問してほしい場所を設計できることも高評価です。

  • 広告会社 女性

    ソニーの最先端技術という切り口がクライアントに刺さりました。高精度な位置認識によって実現できるXR体験は唯一無二で、体験いただいたお客様のSNS等での反応も好評でした。

VOICE 利用者の声

XR CHANNELアプリを実際にご利用いただいたエンドユーザー様の反応を一部ご紹介します。

  • 20代
    女性

    イベント告知のSNSを見て体験しに来ました。建物から実際に飛び出して見えるのが驚きの体験で、記念に撮影もできて大変満足しました。もっと他の場所でもこんな体験ができると嬉しいです!

  • 40代
    男性

    観光で立ち寄った駅でイベント実施の案内チラシを見て体験しました。土地勘がない中で各所におすすめスポットや、案内が表示されて楽しく観光できました!

  • 40代
    女性

    以前他の別のAR体験をしたことがあったのですが、今回の体験はそれ以上に楽しめました!

  • 30代
    女性

    毎年行われるキャラクターイベントに10年前から参加しているのですが、現実世界に現れるような演出が印象に残り、思い出深い体験になりました。

地理や建物の形を活かした街に
溶け込む
ロケーションベースARで
新たなユーザー体験を提供します

ご質問やご要望など、
お気軽にご相談ください

FLOW 導入の流れ

アプリ制作は不要。たった3ステップでイベント開催が可能です。

  1. STEP01

    実施場所の選定

    XR施策を実施するロケーションを決定します。先進的な演出のために必要な場合はスポットごとに認識マップを制作します。

  2. STEP02

    コンテンツ企画/制作

    スポットの特性やご予算に最適なコンテンツを企画・制作いたします。

  3. STEP03

    XRイベント実施

    XR CHANNELアプリ内でコンテンツを配信。アプリ制作不要なのでコストを抑えることが可能です。

お問い合わせから“最短7週間~”でARコンテンツ配信が可能です!
※期間はスポットの数、実施期間、コンテンツの内容によって変動します。

PLAN 料金体系

お客様のご要望やご予算に合わせて、最適な料金プランをご提案します。
詳しい費用を知りたい方は、ぜひお問い合わせください。

「XRイベント」プラン

「XRイベント」プラン

XRイベントを企画制作するプラン

【内容】
  • お客様のニーズをヒアリングしXRイベントを一から企画制作します。
  • すでにお持ちのアセットを活用したコンテンツ制作もご相談可能です。

「XRスタンプラリー」
プラン

複数個所を巡るXRイベントを手軽に開催可能な最新デジタルスタンプラリー

【内容】
  • ARコンテンツ体験とデジタルスタンプラリーを組み合わせたイベントをご提案します。
  • 回遊する場所の一部にのみARコンテンツを設置することも可能です。

「XRメディア」プラン

今までにないXRコンテンツを活用した広告メディア

【内容】
  • 従来の広告手法とは異なった新しい広告手法を実施したいお客様向けのプランです。

主な費用

  • 企画費

    出現させるXRの企画/提案をいたします。

  • マップ制作費

    体験エリアの3Dマップを制作いたします。

  • CG制作費

    出現させるXRのCG制作をいたします。

  • サーバ維持費

    体験期間中のサーバー費用となります。

※ 費用はスポット、実施期間、コンテンツの内容によって変動します。

FAQ よくある質問

XR CHANNEL導入におけるよくあるご質問へお答えします。

  • iPhone:iOS 14.0以降、2017年11月以降に発売の機種(iPhoneX以降、iPhoneSEは第2世代以降)
  • Android:Android 10.0以降、ARCore対応機種(必須)

※ARCore対応機種はこちら(ARCore対応機種のリンクURL https://developers.google.com/ar/devices)をご確認ください。
※メモリ3GB以上の端末でのご利用を推奨しております。
※コンテンツごとにデータのダウンロードが必要です。Wi-Fi環境でのコンテンツ一括ダウンロード実施を推奨しております。
※「XR CHANNEL」アプリは夜間など周囲が暗い場合は正しく動作しない場合がございます。
※GPS非搭載の端末やWi-Fi回線のみで接続している端末の動作は保証しておりません。
※今後のアップデートに際し、対応環境や対応端末が変更になる場合があります。
※一部端末に関しては対応OSバージョン以上でも動作しない場合があります。
※正確な位置情報を取得するため、安定した通信環境でご利用ください。

他のアプリ、プラットフォームとの違いとしては、ロケーションベースのARであり、
VPSを活用し意図したところにARを出現させ、リアルな風景と組み合わた表現が可能です。
お客様からはビタビタなARと好評価をいただいています。
※VPSについてはこちらをご参照ください。

本アプリを通じて、ARコンテンツが配置されたエリアでお楽しみいただけます。
詳細は『XR CHANNEL』アプリのイベントー覧からご確認ください。

操作方法や使い方についてはこちらをご確認ください。

お手持ちのスマートフォンでご利用されている標準の写真アプリにてご確認いただけます。

アプリのカメラ機能を使い、撮影することが可能です。
なお、インカメラは使用できません。

スタンプラリー・謎解き・宝探しなど多くの数多くの実績がございます。
企画からコンテンツ制作まで承りますのでお気軽にご相談下さい。
※イベントでの活用事例はこちらをご参照ください。

観光地へのAR看板・ARスタンプラリー・ご当地キャラクターのAR展開・AR謎解きイベントなど幅広く活用できます。
地域資源を活用しどのようなことができるかご提案できますので、是非お気軽にご相談下さい。
※AR×地域活性化・観光事例を見る

こちらの問い合わせページよりご連絡ください。

地理や建物の形を活かした街に
溶け込む
ロケーションベースARで
新たなユーザー体験を提供します

ご質問やご要望など、
お気軽にご相談ください

NEW EVENT 最新イベント

XR CHANNELを活用した最新イベントをご紹介いたします。

XRを活用した広告事業GINZA XR Mediaから新メニュー「Virtual GINZA mitsukoshi」をリリース

銀座四丁目交差点の銀座三越をSoVeCのXR技術でメディア化した「Virtual GINZA mitsukoshi」をリリース。
新たなメディアを通して、消費者と企業のコミュニケーションに「感動体験」を付加し、クライアント企業の価値向上を実現いたします。

HOW TO USE アプリの使い方

XR CHANNELの使い方についてご紹介します。

  1. 01
    アプリをダウンロード
    App StoreまたはGoogle Playで「XR CHANNEL」と検索してアプリをダウンロードしてください。
  2. マップで場所を確認
    アプリ内でマップが表示されます。黄色のピンの位置に近づくとコンテンツを体験可能です。
  3. カメラで位置認識
    画面の指示に従ってカメラを周囲に向けて位置を認識します。
  4. コンテンツを体験
    その場所ならではのARコンテンツを体験!

動画でアプリの使い方を見る

XR CHANNELの特徴とアプリでの使い方をご紹介します。

XR CHANNEL説明動画

XR CHANNEL
-3DマップAR-

アプリダウンロードはこちら

  • iPhone端末を
    ご利用の方
    Download on the App Store
  • Android端末を
    ご利用の方
    GET IT ON Google Play

推奨環境は「よくあるご質問 」よりご確認できます。
アプリダウンロードからARコンテンツの楽しみ方までは「アプリの使い方 」をご確認ください。

ビジネスパートナー募集中
XR CHANNELはビジネスパートナーを募集しています。

パートナー企業様が、販促などを目的として、本アプリにコンテンツを入稿することができます。
これにより、パートナー企業様のお客さまに対して、先進的なAR体験を通じたプロモーションが可能となります。
SoVeCでは、コンテンツの制作から提供までをサポートします。
詳しくは以下よりお問い合わせください。